一度は体験してほしいシュノーケル

沖縄県那覇市から西方約15kmのチービシ環礁はナガンヌ島と神山島、クエフ島の3島からできており、うち最も広い島がナガンヌ島なのです。壮観な対照的な風景を見せる見応えのある島です。

「かなり長くダイビングを休んでいた」、「急に思い出して美しい改定を眺めてみたいけど、ブランクが長すぎて不安だなあ。」と感じているダイバ ー専門の実習も実在します。

この前催された盛況夏祭りin那覇、ベストを尽くすエイサー隊を一緒に応援することができました!いつものお祭りはあの那覇市国際通りで例年開催されます!

ダイビングのプロは「ダイビングの頻度が多数ある」「ダイビングがすぐれている」と評されることのみではなり得ないのです。

恩納村にある琉球村は古民家を移してきて公開している他にも、藍染の体験講習や楽器の三線・エイサー教室、沖縄在住のおばあとの雑談などを見てやってみることができる体験型テーマパークです。

本島北部にあるやんばるの森では子どもだった時、長い夏休みに田舎ではしゃいだ懐かしいワンシーンを鮮明に思い出します。水遊びでずぶぬれになって泥まみれになって冒険心に突き動かされていたかけがえのない日々。

たまたまダイビング中にトラブルが発生したとしても、即効で対処することが出来る知識と事故を予め防御する能力を手にしておくことが大事故を未然に防ぐことに繋がります。

多くの人が訪れる「青の洞窟」と初体験ダイビングを一緒にしたハイクです。シュノーケルした人の「一度は直に触れてみたい!」という切なるリクエストが多くあがったことから作りました。

トライアルダイビングはダイバーの連携で始めるラインです。気さくにダイビングを身につけるために大事なやり方を知っていただくことになります。

ユニークな植物や動物、様々な鳥など数多くの希少種が息づくやんばるの森周辺では、見事な自然の息吹を味わえるエコロジーな催行が数種類あります。

ダイビングの最中の事故は他のレジャーやなんかと比べると全然多くあるのかを調べると、全く違っていてあまり起こっていません。昨年の死亡事故や行方不明のダイバーの数は14と聞いています。

ご自身だけで参加されるお客様の率が5割を超えていて、そのため安全にゆったりとダイビングを体験できることを心掛けています。

肌に感じる風、心が落ち着く川のせせらぎ、楽しそうな鳥の鳴き声。それ以外の雑音はまったくない。両岸に存在する紅樹林(海漂林)は、まるで絵に描いたような南の国の風景。

「ダイビングの基本を知りたい。気軽にやってみたい!」それならば、青い海の中の神秘を感じ取ることができる“ダイバー”育成の方法があります。

レジャーだけではなく、海漂林の詳細な生態や減少しつつあるサンゴの隠れた秘密などをレクチャーしてもらえる自然環境について学び実用的な新しい試みのツアーです。